ゴルフクラブのシャフト選びについて

Web Template

ゴルフクラブでヘッドにつながる棒にことをシャフトと言いますが、長さや硬さや重さによって使い勝手が変わってきます。

種類は大きく分けて「スチール・シャフト」と「カーボンシャフト」があります。

カーボン製は軽くて振りやすいため、最近ではドライバーに使われたものが多く、アイアンでは正確さが要求されますので、安定したスイングができるスチール製のものが使われることが多くなります。

FC2まとめの様々な相談を受けることができます。

ゴルフクラブを振り上げた時にシャフトがしなりますが、この時点に一番負荷がかかっていますので、手元が柔らかくて先が硬いものや、手元が硬く先が柔らかいものにするかなどを実際に振って見て、自分に合うものを確認します。

硬さを「フレックス」と言って、Lが一番柔らかくXが一番硬いものになっています。

スイングが速い人は硬めのものを、遅い人はや柔らかめのものを使うのが一般的です。

ゴルフクラブの長さですが、ヘッドを地面につけた時のクラブの角度である「ライ角」が正しくとれるかどうかが重要で、自分の身長や手の長さによって選択します。

これが合わないとスムーズなスイングとインパクトが得られなくなります。

リシャフト情報を検索しましょう。

ゴルフクラブの重さもスイングに大きな影響がありますので、初心者の内は振ることが可能なクラブの中で重い方のものから始める人が多くなっています。


シャフトは自分の体に合ったものを選ぶことでスイングスピードやインパクトが改善され飛距離にも影響しますので、しっかりと選ぶことが上達にもつながります。